校歌・逍遙歌 School Song

校歌

       
  崇城大学逍遙歌   校 歌
  作詞:山本捨三
作曲:滝本泰三
 
作詞:山口白陽
作曲:古関裕而
   
       
  1.井芹の川辺春は萌え
愛国が丘に花匂う
いま逍遙の若人が
若きいのちの感激に
希望はるけし丘の上

2.森の都はいまみどり
古城の石によりそえば
理想さやけく空に澄み
君青春を讃ふれば
われ青春に微笑みぬ

3.金峰山に夏は燃え
天草の海われを呼ぶ
金波の光夕なぎの
なぎさに明日を語らえば
落日赤く砂白し

4.秋峻嶺の阿蘇五岳
噴煙白くたなびきて
紅映ゆる谷紅葉
岩場よじゆき友呼べば
こだまを返す岩の岳

5.小萩の山のはだれ雪
やさしの山とさまよえば
かなた古墳の丘つづき
白亜の校舎そびえたり
真理をひらく象徴に

6.学びの丘の若草に
春は再びめぐりきて
逍遙の歌ひびくとき
熱き思いはよみがえり
とはに讃えん若き日を
  1.祖国に輝く 星座を占めて
光芒四海に  あまねく母校
崇城大学 見よその偉容
展望夢呼ぶ 愛国が丘
白亜の殿堂 甍を競う

2.工業日本の 先駆を期して
理想の一路に 燃えたつわれら
崇城大学 見よその抱負
山脈畳まる 地平の彼方
夢呼ぶ積雲 群がりのぼる

3.花さく青春 光陰を惜み
研鑚撓まず 真理に挑む
崇城大学 見よその闘志
眸は伸びゆく 世界に放ち
歩みは涯なき 未来へ続く