同窓会会則 同窓会会則

同窓会会則

同窓会会則
 
 
第一章 総 則

  第 1 章  総 則

(名 称)
第 1 条  本会は崇城大学同窓会と称する。

(事務所)
第 2 条  本会の事務所は、熊本市西区池田4丁目22番1号 崇城大学内に置く。

(目 的)
第 3 条  本会は次の事項を目的とする。
   1 会員相互の連絡と親睦。
   2 母校の発展への貢献。
   3 学術文化の発展への貢献。

(事 業)
第 4 条  本会の目的を達成するために次の事業を行なう。
   1 会員名簿の管理。
   2 会報を作成し会員に配布する。
   3 講演会、勉強会の実施。
   4 その他前条に規定する目的に沿う事業。



  第 2 章  会 員

(会 員)
第 5 条  本会は次の者を会員とする。
   1 正 会 員  崇城大学の卒業生(大学院修了生を含む)、及び熊本工業大学の卒業生(大学院修了生を含む)、ならびに熊本工業短期大学卒業生(前身の専攻科卒業生を含む)。
   2 准 会 員  崇城大学の在学生。
   3 賛助会員  本会の事業を援助する個人(かつて在学した者で、本会の役員会にて承認を経た者)、法人。
   4 特別会員  本学の現旧の教職員及び同窓会活動に功労のあった者で本会役員会の承認を得た者。



  第 3 章  組 織

(役 員)
第 6 条  本会に名誉会長として学長を置く。
      また正会員の中から次の役員を置く。
   1 会  長   1 名
   2 副 会 長   5 名以内
   3 代表幹事   若干名
    (代表幹事の中から幹事長を1名選任することができる)
   4 幹  事   各学科より若干名選出
   5 部 会 長   幹事の中より選任する
   6 事務局顧問  1 名
   7 事務局長   1 名(学内より選任)
   8 事務局長補佐 2 名
   9 会  計   1 名(学内より選任)
  10 会計補佐   1 名
  11 書  記   2 名(学内より選任)
  12 監事顧問   1 名
  13 監  事   2 名
  14 顧  問   若干名

(役員の会務)
第 7 条  役員はすべての会則に定められた会務を忠実に遂行する義務を負い、その職務を他人から妨害されることなく、遂行する権利を有する。
   1 名誉会長・名誉顧問 名誉会長、名誉顧問は会長の諮問に答えるとともに、会議において意見を述べることが出来る。
   2 会     長   この会を代表し、会務を統括遂行し、会に関する一切の責任を負う。なお、事務局長を学内より指名する権限及び、幹事の中より代表幹事を指名する権限を有する。
   3 副  会  長   副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときはその会務を代行する。
   4 幹  事  長   幹事長は、会務の一般を統括・施行する。
   5 代 表 幹 事   代表幹事は幹事より選任され、会の運営事項を企画立案する。
   6 幹     事   幹事は学科別によって若干名選出され、会の事項を議決する。なお、各支部長は、特別幹事とする。
   7 部  会  長   各部会を設立し、各部門の取り纏めを行う。
   8 事 務 局 顧 問   事務局顧問は、事務全般における会長の諮問に答えるとともに、会議において意見を述べることが出来る。
   9 事 務 局 長   この会の事務全般を統括遂行する。なお、事務局長補佐を指名・委嘱する権限を有し、又、会計・書記を学内より指名する権限を有する。
  10 会     計   この会の会計全般を忠実に遂行する。又、会計補佐を指名・委託する権限を有する。
  11 書     記   会議等の議事録を作成、保管する。
  12 監 亊 顧 問   監事顧問は、会の財産状況、活動状況を監事するとともに会長の諮問に答え、会議において意見を述べることが出来る。
  13 監     事   監事は、会の財産を監査し、必要に応じて各会議に出席して発言する事が出来る。
  14 顧 問、相談役   顧問、相談役は会長の諮問に応えるとともに、会議において意見を述べることが出来る。

(役員の選出)
第 8 条
   1 選出の方法
     幹事の中より選考委員会を組織し候補者を推薦する。
     但し総会で承認を得るものとする。
   2 選挙立会人
     その都度幹事の中より選ぶ。

(役員の解任)
第 9 条  会員の2/3以上による役員の解任請求があったときは、臨時総会を開催しこれにより議決する。

(役員の任期)
第10条
   1 役員の任期は2年とし再選を妨げない。
     又、任期は任期満了時の総会迄とする。
   2 役員の欠員を生じたときは補充することが出来る。
     但し、役員の任期は前任者の残任期間とする。



  第 4 章  会 議

(会 議)
第11条  本会の会議は次の通りとする。
   1 総  会   年1回とし決算、事業、役員改選、その他主要会務の報告、承認に関することを議決する。

   2 臨時総会   緊急を要する会員の議決事案が発生した場合は、幹事の承認をもって臨時総会を開催する。

   3 幹事会    原則として月1回とする。
             但し、緊急を要する事案等が発生した場合 役員会の承認を得て開催する。

   4 特別幹事会  年1回、または会長が必要と認めた場合、特別幹事会を開催することができる。

   5 役員会    役員会は会長、副会長、代表幹事、事務局長、会計、書記、事務局顧問、監事、監事顧問とする。役員会は会長が必要と認めたとき役員を召集し開催する。

   6 特別委員会  役員会で委員会を必要と認めた場合、特別委員会を設ける。(総会検討委員会等)

(議 決)
第12条  本会の会議は出席者の過半数の同意をもって決定する。

(議 長)
第13条  総会の議長は、出席者の互選によって定める。



  第 5 章  会 計

(会 費)
第14条
   1 入会時の入会金20,000円(終身会費)
   2 寄付金
   3 その他の収入

(納入金の処理)
第15条  納入された会費は返却しない。

(予 算)
第16条  予算は事業年度開始前に収支予算を作成し総会の議決を経なければならない。

(会計年度)
第17条  会計年度は4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

(会計監査)
第18条  この会の全ての会計は、会計年度毎に書類を作成し、監事の証明書を付して総会に報告し、承認を得なければならない。



  第 6 章  支 部

(支 部)
第19条  本会には支部を設けることが出来る。

(支部の設立、解散)
第20条  支部の設立、解散は幹事会の承認を得るものとする。

(支部の運営)
第21条  支部の運営については本会会則に準ずる。

(支部の運営資金)
第22条  支部の運営資金の助成金については、支部総会への参加人数も参考に算出し、その都度、役員会にはかり決定する。



  第 7 章  補 則

(備え付け書類)
第23条  本会には最小限、次の書類を備え付ける。
   1.活動資金勘定元帳 2.現金収納簿  3.会員名簿
   4.役員名簿     5.会議議事録 6.備品台帳
   7.支出証書綴    8.文書綴



附 則
 1 この会則は、昭和48年11月1日より施行する。
 2 昭和51年 8月16日改正
 3 昭和57年 3月31日改正
 4 昭和57年 8月14日改正
 5 平成 3年 8月25日改正
 6 平成 4年10月 1日改正
 7 平成 5年11月21日改正
 8 平成12年 7月22日改正
 9 平成14年 7月20日改正
10 平成17年 7月17日改正
11 平成20年 7月 5日改正
12 平成25年 4月 1日改正
13 平成28年 4月 1日改正
14 平成30年 7月28日改正